乳がんになった私の毎日。とくに気負わず、楽しく笑って生きている。             だって、人はいつか必ず死ぬんだも~ん。


by sunfacesunface

情報


がん患者の願いで、もっと情報が欲しいというのがあります。
ネット社会でいろんな情報を得られますし、都心では大型書店もあるので医師向けの本も見れますが、インターネットが出来る環境でない・地方でガンの本もあまり手に入らないなど、切実な方もいらっしゃいます。

病院をいくつか見てきて、
病院内に病気の本を中心に集めた図書室があるところがあったり、待合室にパンフレットや本などが置いてあるところもありますが、何もないところも沢山あります。

先生に全て任しておけばいいという時代じゃありません。
もっと患者さんも勉強が必要と、医師も言います。
ならば、待合室などに関連の本や標準治療の情報、もろもろの情報を置いて欲しいです。これも、企業とのつながりの関係上、ある抗がん剤を勧めたりの偏ったものになるのでしょうか…。待合室に置いてなかったのも、いろんなしがらみのせいでしょうかねぇ。

どの病院にも図書室があればいいのですが、病院側がそういったことに金を出すのを惜しむなら、今、まんが喫茶やインターネットカフェの勢いが凄いので、これらの企業の方々、病院に参入してくれませんかね。かなり需要があると思うのですが。
[PR]
by sunfacesunface | 2005-10-29 18:23 | 【乳がん】