乳がんになった私の毎日。とくに気負わず、楽しく笑って生きている。             だって、人はいつか必ず死ぬんだも~ん。


by sunfacesunface

乳がんと誤診で胸全摘


本日、朝刊を見てくぎ付け!!
「愛知県がんセンターで、がんと誤診・乳房を切除」

あーあ。

一昔の、疑わしきものはとりあえず切除し、切除後の病理検査で良性でした、がんじゃなくて良かったね、でも胸はなくなった。という時代は終わり、がんの診断はものすごく慎重に行われてるものだと思ってた。
今回の落ち度は、検査していく中で良性の可能性・悪性の可能性の両方を否定できなかったのに、シコリ部分だけとり術中迅速診断をせず、一気に左乳房を全部切除してしまったのです。
そして、術後の病理検査で良性だったと分かったわけで。
がんセンターですよ!! 乳腺科のない病院の外科医が片手間に乳がん患者を診てる病院じゃないのにこんな失態…。がん患者を扱いすぎて、だれてしまってたのでしょうか。

この記事を見て、
賠償金はいくらになるのだろうと思った。それは、好奇心ではなく、女性の胸を奪った責任は、今の社会ではいくらに相当するのだろうと気になって。
今は、命があるだけでいいと言う時代じゃない。女性が、乳がんになっても胸を大切にしたいと当たり前のように主張できる時代。その中で、胸を奪ってしまったことに対する世の中の見方が知りたい。
正直、関わった医師たちの男性器を切ってやりたいくらいだが。(事件の医師は、男性か分かりませんが)

でも、見方を変えると、
よく、乳がんを見落とされたという方がマスコミに出たりしますが、検査をし細胞診でもグレー判定の場合に、やはり病院側は慎重にことを進めるわけですね。むやみに胸に傷をつけてもいけないし、ましてや全摘してしまって…なんてことは許されない。だから、「様子を見ましょう」と言われるわけです。乳がんの知識がない者には、この言葉がとても不安なのですね。でも、医師側からすると、むやみに「がん」と診断せずに確信が持って言い切れないと「がん」と診断しませんよ。どっちみち、乳がんのシコリは1cmになるまでにがん発生から10年はかかってるんだから、がんだったとしても慌てなくっても大丈夫ですよ。病院側にとっても患者にとっても、慎重に行きましょうよ。
ってなわけです。
だから、様子を見ましょうとか、良性と診断された後に悪性だと分かっても、病院にものすごく非があるわけじゃないんですよ。

どっちにしろ、
*医師は神様だと思わず病院にすべて任せずに患者が自分で行動しましょう。
*シコリを自覚し良性だと診断されても、納得いかなかったら、違う病院で診てもらいましょう。
*シコリを自覚し手術しましょうと言われても、悪性の確信がもてなかったら、違う病院で診てもらいましょう。

病理診断は人間がするものです。
同じ病院でも、病理医によって診断が違うこともしばしあります。

自分の胸・身体は、自分で守ってください。


←乳がん患者ガンバレ♪
[PR]
by sunfacesunface | 2005-12-28 23:04 | 【乳がん】