乳がんになった私の毎日。とくに気負わず、楽しく笑って生きている。             だって、人はいつか必ず死ぬんだも~ん。


by sunfacesunface

「まだ若いから」って死語だよ、オイ!!


1月10日の「本当は怖い家庭の医学」。
「ガン経験者が緊急警告・ガンの初期症状すべて見せますスペシャル」とあったので、どんな風に乳がんをいじってあるのかと風邪でボーッとしてる頭で見てたら、ツッコミどころが。

出演してる女性ゲストたちが乳がんに気をつけた方がいいと忠告される中で、眞鍋かをりだけが乳がんの心配は要らないと言われていた。
その理由は・・・
*自覚症状が全くないこと
*まだ若いこと

って、オイ!!!
若いから大丈夫って、いまだにそんな見方で診断してんの!?この医師。
「年齢からいって、危険性は低い」って言い方だったら分かるけど、「まだ若いので大丈夫」みたいなこと言っちゃって。画面には、「20代30代でも少数ですが乳がんになる人がいます」的な文が出てたけど、病気に注意を向けさせるこの番組やピンクリボン的な流れからいって、「若くても、可能性は十分あります。20代30代の乳がん患者が増えています」じゃねーの、コレ。
再現VTR の乳がん患者は、手術したらそれで治療は終わりだったし。手術以外の治療がまた大変なのに、これじゃあ「乳がんって、切ったらそれで治るんでしょ」的な一般目線じゃん。
余計な不安を誘うって非難されてるテレビ番組だけど、全然ゆるいって。
[PR]
by sunfacesunface | 2006-01-13 13:52 | 【乳がん】