乳がんになった私の毎日。とくに気負わず、楽しく笑って生きている。             だって、人はいつか必ず死ぬんだも~ん。


by sunfacesunface

動注療法・その後


内出血するからと言われていた手首は、次第に青さが増してきた。
医師は、私の手首のメスを入れた部分の脈をさわり、「あー、潰れてるね。」と言った。脈がダメになったかもとのこと。しょうがないと思いつつ、「以前の抗がん剤で血管がヤラレてるけど大丈夫か?」と聞いた時、「大丈夫、違う血管使うから。」って言ったけど、さらに、「今度使う血管もヤラレる可能性あるけど。」って言ってくんなきゃさー。

この前テレビで、ナグモクリニックの南雲先生が、「医者は、患者の身体に傷がついて当たり前と言う意識は変えなきゃいけない。」と、いいこと言ってたぞ。

脱毛率の高いアドリアマイシンを使用したことで、「動注療法は肝臓で薬が消化されるから全身への影響はそんなにないよ。」と言われても、オチオチできず、もしかしたら、ある日抜けてしまうんではないかと不安である。

まだ、気持ち悪さがあり食欲が消え失せてしまったまま、3泊4日で退院したのでした。
[PR]
by sunfacesunface | 2006-05-28 20:33 | 【乳がん】