乳がんになった私の毎日。とくに気負わず、楽しく笑って生きている。             だって、人はいつか必ず死ぬんだも~ん。


by sunfacesunface

手紙


Excite エキサイト : 社会ニュース 
 『15年前の手紙が・・・』

このニュースをテレビで見て、ある手紙にまつわる思い出が・・・。


つくば万博'85の企画、『ポストカプセル』をご存知でしょうか?
『21世紀のあなたにお届けする夢の郵便』で、16年後の自分や誰かに手紙を送り、2001年1月1日に配達されるという、未来の21世紀に夢と希望がいっぱいだったあの頃の素晴らしい企画です。

当時、私は小学生で、担任の先生がこの企画を知らせてくれてクラスのみんなで出しましょうと書きました。ずーっと覚えていて、送った相手の苗字が変わったから届かないなーと思っていたのですが、2001年になり届いたとの連絡があって恥ずかしさやうれしさでいっぱいでした。コピーして送ってもらい見てみると、汚い字でしたが16年前の自分がそこにはいました。

この企画、本当に夢の郵便でした。
あちらこちらでしばらく話題になりましたが、やはり、死んだ人からの手紙でしょうね。いろんな人の思いが手紙に込められていて、そりゃあ、もう、涙、涙ですよ。自分が死ぬとは思ってもいない人から、自分がガンだと知ってて16年後は生きていないと思い家族に宛てて書いた人まで。2001年1月1日は、全国各地でいろんな人がいろんな思いに包まれた日でした。

ガンになった今、またこんな企画があったら是非書きたいなぁ。
まぁ、ガン患者は普通の人より死を意識してるから、なにかしら残された人たちに向けてメッセージを残すと思いますが。


おもしろいの見つけました♪
未来から手紙が届きます。
『~天国からのメッセージ~』


←ランキング♪
[PR]
by sunfacesunface | 2008-01-26 14:48 | 【生活】