乳がんになった私の毎日。とくに気負わず、楽しく笑って生きている。             だって、人はいつか必ず死ぬんだも~ん。


by sunfacesunface

<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

               ←クリックお願~い♪

「どうしてもっと早く病院へ行かなかったの?」
ガン告知を受けてしばらく、親や親戚によく言われたものだ。

今や、PETで超早期発見が出来る時代だ。それによって恩恵を受けてる人も沢山いる。

でも、ある医師は言う。
「乳ガンのような、比較的ゆっくりとしたスピードで進むガンの場合、必ずしも早期発見がいいとは限らない。特に若い人の場合、ガン患者の烙印を押されることで、結婚や社会から遠ざかってしまう可能性がある。早くガンを見つけた、でも人生を狂わせたじゃどうしようもない。」と。
批判が出そうだが、判ってるガンを放置する事でなく、グレー判定の場合にガンとしてしまうより経過観察という事なのだろう。

私も、そう思っている。
私の状態からいって、もし3年前にマンモグラフィやエコーを撮っていても発見できていただろう。でも、私のこの3年間は、とても大切な人に出会う、とても大切な3年間だった。もし3年前、検診に行ってガン患者となってしまっていたら、大切な人との関係は違っていただろう。

もちろん、悪性度の高いガンもあるから、一概には言えない。
でも、早期発見早期治療も一概には言えない。

私は、今で良かったと思っている。



★さらに、毒づいた発言をするなら。

早期発見、早期発見って言うけど、そんなに早く見つけてどうするの?
早く見つけてんのに、再発予防で抗がん剤でやって体力落として髪の毛抜けてりゃ同じじゃん。
乳ガンなんて、ガンの発生から触ってわかるくらいのシコリになるまで10年はかかってると言われてんだから、今更焦ったって変わんないじゃない。

ガンになる人が増えてるって、今までガンとわかる前に死んじゃってた人々が、いい器械が増えてガンと判っちゃったって話じゃないの?80歳以上の人の死体を調べると、かなりの確率でガン細胞が発見されるって言うし。知らぬが仏だね。

シコリに気づいてから最近手術するまで、8年間放って置いた人も知ってるし、3年前の検診で要精密検査だったけどガンって判定じゃなかったのにって人もいっぱいいる。
そんなみんな、今回手術するまで何もしなくても、それだけ生きてるって事じゃない。人生のその分、ガン患者で居られずに済んだじゃない。
時々、手術が怖くて逃げて、あっという間に転移したという人も居るけど、早く手術してたとしても大して変わらなかったと思う。悪性度の問題だから。

もちろん、早期発見が大切な事もあるけど、言うほどこだわらなくても…って思うんだけど。
[PR]
by sunfacesunface | 2005-07-29 22:17 | 【乳がん】

花火大会

花火大会に行ってきました。

いつもはそれ程時間に余裕がなかったのでギリギリに行っていましたが、今回は3時間ほど前に。暑い中をお酒を飲みつつ、どんどん人が集まってくるのを見て気分を高め、この花火大会を機に始まった彼との恋を振り返るのでした。

d0068229_20115754.jpg


*初めて二人だけで過ごした、3年前の花火大会。

*花火以上に燃え上がっていた、2年前の花火大会。

*ガン告知を受ける直前の、幸せいっぱいだった、1年前の花火大会。

*そして、この人に会えて本当に良かったと改めて思った、今年の花火大会。

d0068229_17304028.jpg

[PR]
by sunfacesunface | 2005-07-28 22:49 | 【好きなもの】
ガンと判ってからも、自分がガンで死ぬなんて思っていない。
自分の死に方の中に、ガンというのが加わり、その比重が大きいだけだ。

近い将来くると言われてる、東海・関東の大地震で死ぬかもしれないし、人に殺されて死ぬかもしれないし、交通事故に遭って死ぬかもしれないし、自殺するかもしれないし。そんなの分からない。
ガンになったからといって、他の死の可能性が免除されたわけでもないし、ガンになる前から5年生存率が100%だったわけでもない。

「術前抗がん剤後にがん手術をして、退院した帰りに交通事故で死亡」なんて、笑えるような笑えないような。
[PR]
by sunfacesunface | 2005-07-25 22:47 | 【死の予感】
人が辛く苦しい時に周りの人に言ってしまうセリフ。

でも、私は言わない。
人はそれぞれ違った人生を歩み、それぞれに考え方がある。そんな環境も立場も違う人々が、相手の気持ちが知りたい、自分の気持ちを知ってもらいたいから、会話したりコミュニケーションをとっていくのであって、「あなたに私の気持ちなんてわからないわよ。」なんて言ってしまったら、元も子もない。そんなんでは、好き勝手やっても人殺ししても「私の気持ちなんて分かんないわよ。」で済まされてしまう。
どんなに相手を知ろうとしても、心の奥底までは分からない。それでも、少しでも知ろうとする。

この前の『ガン患者大集会』で、ゲストの岸本葉子さんが、「私の気持ちなんてわからないと言わないようにしている。何かしてあげたいと家族も一生懸命になってるから。」との発言に対し、ガン患者の家族から、「すごくうれしかった。そう言われてる家族は多いと思うから。」とあった。

なのに、ガン治療中だった私に向かってそのセリフを言ってしまう家族って…。なんなら、私のセリフだけど…。
母も姉もよくその言葉を使う。
抗ガン剤治療中の私に、「子供を産んだことがないから分からないと思うけど…。」と、姉。(これ、ホントに禁句ですよ)
同じく、抗ガン剤治療中で苦しむ私に、「私はガンになってないから辛さを分かってあげる事はできないから。」と、母。
少しでも分かろうとしないのか、コノヤロー!!

それでも、乳ガンの事を知ろうと乳ガン本を読みあさったりしてくれた母である。


↑一日一票お願いしま~す♪
[PR]
by sunfacesunface | 2005-07-16 16:42 | 【乳がん】

なんか、睫毛が

抗がん剤で抜け落ちて、また生えてきた睫毛が、
最近薄くなってる気がする。

マスカラを塗ろうと思っても、毛が薄くて付きが悪い。
毛根が弱ってるのかなぁ…。

抗がん剤、
いつになったら体から抜け切るのだろう。

『抗がん剤 やって初めて ガン患者』
 何処かであったな、こんな川柳。ごもっとも。


[PR]
by sunfacesunface | 2005-07-15 00:38 | 【乳がん】

カット 外人女優風

抗がん剤後、初のカットに行ってきましたよ~。

この頭を他の人に見せるのは初でしたが、美容室の時間外にカットしてもらったので気兼ねなく良かったです。とりあえず、ウィッグなしでもどうにかなる風にしてもらい、某ファッショナブルな街をウィッグ・帽子なしで堂々と帰ってきました。よく言えば、外人のモデル風・女優風。クリクリの髪になってるのがいい感じになってて、和田アキ子にならずに済みました。

けど、通常はまだまだウィッグは手放せませんね。こんなベリーショートじゃ、人受けが悪いし、周りの視線が痛いし。一体、いつになったら自毛でいけるのでしょう。


   
   ↑一票お願~い♪↑
[PR]
by sunfacesunface | 2005-07-09 21:52 | 【乳がん】

グッタリ

今週なんだか忙しくて、気持ちに反して体を動かざるをえなくて、グッタリです。仕事中も、吐き気がしてオエオエしっぱなしで。下痢だし。やっぱり、まだハードワークに無理があるようです。
[PR]
by sunfacesunface | 2005-07-08 14:36 | 【体調】

抗がん剤後、初の美容室

抗がん剤を終えて半年ちょっと、久しぶりに美容室へ近々行ってこようと思います。たいして切る髪もありませんが。
クリンクリンした髪が不揃いになっているので、ちょっといい感じにして時々ウィッグが無くてもイケル風にしたいです。

1年前、抗がん剤をすると決まって美容室へ行きました。普通なら抜ける髪の始末をしやすいようショートにする方が多いけど、私は、しばらく美容室へ行けなくなるので、カットしてもらい美容室を楽しんでおこうと思い行きました。
髪を切ってスッキリしたいい気分と、これから抗がん剤を控えてるうれしくない気分とで、複雑なカットでした。

あれから1年、幸い私は、事情を知っている友達の美容師に切ってもらえるけど、知り合いに美容師がいない方は抗がん剤後一発目のカットは行きにくいだろうなぁ…。この頭を、数人の美容師に見られ他の客にも見られ、ヒソヒソと何かを言われてると気にして落ち着けないだろうな。美容室って、リラックスしたり気持ちも豊かにしてくれる場所なのに。
なんだか、やっぱり、抗がん剤って治療時の吐き気等のデメリットもそうだけど、脱毛等のもろもろで生活にいろんな支障がでるデメリットが多いなぁ。



↑人気blogランキングに参加してます。
    一票お願いします♪
[PR]
by sunfacesunface | 2005-07-07 23:22 | 【乳がん】
父親が死んで、母親と死に直面した時や死んだ時のことを話すことも度々あった。
そんな時、私は決まって
「葬式は、屋内じゃなく青空が見える外で、できたら海辺でしてほしい」
と言っていた。今も変わりない。

中学生だったある日、ずっと可愛がってくれてた近所のおばさんが突然死んだ。2日前に会ったとき何事もなく喋っていたのに。朗らかな笑顔と元気さがウリのおばさんのお葬式で、遺影を前に自然と私も微笑み返した。怒られた、「笑うんじゃない」と。そりゃそうだ、葬式で笑ってはいけないのは常識だ。死を口にするのもタブーな時代。

ガン患者だった故飯島夏樹さんの希望であった「最後まで笑顔で」は、本人のお葬式でもそうだった。みんなが笑顔だった。

以前は、形式的なお葬式しかできなかったが、今は多様化している。私の希望も叶うだろうか。青空の下、シャンパンで乾杯でもしてほしい。もちろん笑顔で。
[PR]
by sunfacesunface | 2005-07-01 10:24 | 【死の予感】