乳がんになった私の毎日。とくに気負わず、楽しく笑って生きている。             だって、人はいつか必ず死ぬんだも~ん。


by sunfacesunface

<   2005年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

セカンド・レイプ

                              ←こっちもヨロシク♪

「セカンド・レイプ」みたい…。

私は、ある場面場面で、そう思ってた。


それは、
術前化学療法後、手術をする段階になってセカンドオピニオンで病院を回った時。
紹介状に簡単に書いてはあるが、自分で気づき始めてから今までの流れを話し、医師からの質問を受け答える。発見時、いろいろと事情があり、そのことも絡んでくるのが嫌だった。
ガン告知時、十分傷ついた。
なのに、また知らない人に最初から話すことで、傷つく。
「セカンド・レイプ」だなぁ。

それは、
お盆に帰省したときのもろもろ。
乳がんのことについて、会う人会う人に近状報告をし、胸に視線を投げかけられる…。
あーだのこーだの、いろいろ言われて。
「セカンド・レイプ」だなぁ。

それは、
先日の、待ち合わせのメッカ的場所で、周囲がこっちを向くほどの大声で友達に笑われた時。
抗がん剤で、髪の毛が怖いぐらいに抜けて、つるつるになって、そんな自分を鏡で見て、
「ガンになって十分辛い思いしてるのに、なんでこんな頭にまでならなきゃいけないの」
と哀れだった。こんな頭で外に出るのは気が引けて、引きこもり気味だった。それが、やっとウィッグなしで歩けるようになったのに。頑張ったのに、私。
「セカンド・レイプ」だなぁ。


胸という、性的な部分だから、そう思ったのかもしれない…。
[PR]
by sunfacesunface | 2005-08-31 21:55 | 【乳がん】

自毛で活動開始

                  ←こちらもヨロシク♪

ウィッグなしで仕事に行っている。
帽子も被らず、街を歩いたり電車に乗ったり。
最初は人の視線が気になったが、今は堂々。
友達は、「カッコイイ~♪」と言ってくれている。

しかし、

分かる人は分かるだろう。
この独特のクリンクリンさと短さのヘアースタイル。
この人、ガン患者かも…って。
[PR]
by sunfacesunface | 2005-08-27 12:45 | 【乳がん】
                            

帰省した時に必ず会っていた友達。
去年は、ガン告知後のドタバタで、お盆の時期も外して帰省したために会うこともなかったが、メールでも年賀状でもガンの事は伝えてた。
が、返事はいっこうになかった。

でも会いたくて、この前の帰省中に会った。
友達は、
「ガンと聞いて、どう言葉を返していいか分からなかった。」
と言い、
「乳がんのことが気になり、ドラマ『87%』も見た。」
とも言っていた。

私がガンになったと知った時の彼女の困惑振りがわかった。
同級生が死んだ話も、原因を聞いた時に、返答に一瞬躊躇しているのもわかった。

やはり、
『ガン』=『死』
というイメージは、当たり前なのだろう。

彼女は、「あとどれぐらいなの?」と、言葉を濁しつつも聞いてきた…。
[PR]
by sunfacesunface | 2005-08-25 20:21 | 【乳がん】

告知から一年

昨日、ガン告知から一年経ってた。と、今気づいた。

昨夜は、普通に、美味しいつまみと美味しいお酒で、彼と過ごしてた。

彼は、ガンの事は何も触れなかったけど、分かっていたのかな…。
[PR]
by sunfacesunface | 2005-08-10 23:31 | 【乳がん】

検診行った

検診行ってきました。
放射線治療をした放射線科の先生のトコです。
特に、あっちが痛いこっちが痛いといった症状もないので、検査をすることなく診察のみで。さっさと済まして参りました。

何だか、もっと居れば良かったくらい、呆気なく終了。それほど待たずに順番が来るし、今回は他の乳がん患者さんにも声をかけられず…。

まぁ、
天気も良かったので、帰りに散歩がてら街を歩いてたら、声をかけられました…男性に。
「飲みに行きませんか?」だって。うふふ。
二人とか複数でいる時のナンパじゃなく、一人でいる時のナンパって、明らかに私狙いよね?? まだまだ捨てたもんじゃないな~、私。
でも、残念ながら、「はい。」と言ってしまうほどの色男でもなかった…。


そこの色男・色女は、こっちもね♪
  ↓     ↓
  
[PR]
by sunfacesunface | 2005-08-05 22:16 | 【乳がん】