乳がんになった私の毎日。とくに気負わず、楽しく笑って生きている。             だって、人はいつか必ず死ぬんだも~ん。


by sunfacesunface

<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

腰の痛み


痛かった腰の痛みがなくなりました。
3,4日間くらいだけでしたね。
でも、また痛くなるかも。

ここずーっと、仕事から帰ってきたら横になったり、休みの日もハードに動かず家に居ることが多かったので、桜の見頃を逃しぎみです。風が強い日が続いているので、花びら散っちゃいますね。

ちなみに、 → 去年の桜・『青山霊園』

                    そして、→ こちらも♪
[PR]
by sunfacesunface | 2006-03-31 23:19 | 【体調】

親への説明


離れて住んでいる母親は、
「体調はどう?」
と、時々電話してくるのだが、今回の事を説明するのは正直めんどくさい。

手術方法で模索してる時、胸を残すことに最後まで納得してなかったからである。
『切れば治る』的な考えで、何度説明しようが頭の中は『切れば治る』から離れないから、一生懸命説明した最後には必ず、
「でもね、命が無きゃ何も出来ないでしょ。」
と、ダメだこりゃっと頭が痛くなったものである。いろんな情報を調べ、病院をまわり、疲れきってるとこに親への説明。もう、全摘でいいかと思ったりもした。

そんな母親に、また手術するかもしれない話などしたら、
「ほら、言ったでしょ。」
と、言われかねない。手術する時に、
「もう、この病院へ私が来ることないわね。」
と、言っていたが、来ることがないように・・・との希望から出たセリフだったのかもしれないが、いつか全摘する可能性があることを前提での温存手術だと、まだ理解して無いんだと思った。

私の体は、私一人のものじゃない。
何より一番、お腹を痛めて産んだ母親のものである。私がガンになって、一番悲しんでいるのは母親かも知れない。
でも、治療の選択に親というのは、命を一番に考えてるからこそ一番の無理解者になってしまう。
[PR]
by sunfacesunface | 2006-03-29 16:10 | 【乳がん】

局所再発あり


ブログをご訪問頂いてる皆様には、乳がん患者の体が悪化したらどうなっていくのか、また治療はどうしていくのか、大変、ご心配(はたまた興味?)をおかけしてる事とは思います。

手術の時、取れるガンをすべて取りきってはいなくて、あえて残してるんですね。
それは、温存適応の人が病理検査の結果、切った断片にガン細胞があったけど追加切除をしなくてそのままというのとは違うパターンで。
だから、術後にガン細胞はもちろん胸の中に残っているし、術後の病理検査結果でも断片にガン細胞は当然ありましたし。

いつかそのガン細胞が、顔を出してくるであろう事は重々承知なわけで。
そこで今回、主治医は私のこの状態を再発と呼ぶのか、それとも元々胸からガン細胞を取りきっていないのだから再発とは呼ばないのか・・?と思っていたのですが、カルテにはしっかりと「局所再発あり」と書いてありました。

先生の中でもそういう認識なんだと確認。
ランキング本が出まくる世の中、標準から外れまくりの手術をしちゃって、先生の治療成績下げちゃったなぁ~としみじみ。

ちなみに、胸の再発具合は、皮膚にもきちゃってる感じ。
1年前、もし全摘してたら、今は皮膚まで出てきてないかもしれないし、全摘しても皮膚浸潤してたかもしれない。だったら、この一年、海に行ってビキニも着たし温泉も何度も行ったし、胸の開いた服を抵抗無く着たし、と、後悔はないわけで。

前の病院での主治医とのバトルで、
「全摘しないと皮膚にも出てくるよっ!!」
「全摘したって、残った皮膚にも出てくるでしょ~。」

あの時、乳房再建をする気は全然なかった私は、皮下乳腺全摘の話を持ち出して「再建する気ないんでしょ?だったらダメだよ~。」と前主治医に言われてたけど、皮膚が元気なうちに視野に入れておけば良かったのかもと思ったり。(今だと、ちょっと大きな手術になっちゃう。)でも、あの時に再建してても、皮膚に出ちゃってってことになってたかもしれない。結局、どっちを選択しようが「あの時・・・」って全く思わないことはないんだろう。

まぁ、とりあえず、今日仕事で超イライラしたので、酒飲んで寝まーす。


                『ランキングUPキャンペーン♪』→
[PR]
by sunfacesunface | 2006-03-28 22:56 | 【乳がん】

最近、腰痛い


立ち仕事のせいもあるのか、最近腰がとても痛いです。
その代わりって言っちゃ何だけど、一時期の関節の痛さは和らいでいる。朝の、強烈な体の重さは無いし。

主治医に体や関節が痛いって言った時、「腰は痛くない?」って聞かれ、PET検査の技師の方にも「腰は?」って聞かれたけど、腰って転移のポイントなのかなぁ・・・。
[PR]
by sunfacesunface | 2006-03-28 22:28 | 【乳がん】

治療の選択


がんの勢いは留まることを知らず突っ走っているので、何かしらの治療を・・・と言うことで、また治療選択に頭を悩ませることとなってしまいました。

また、手術。
また、抗がん剤。

どっちも嫌だなぁ。
PET検査の結果次第だけど、いろいろ転移してたら部分的に胸だけ切っても意味ないしねぇ。有無を言わさず抗がん剤になっちゃうけど。抗がん剤もいろいろパターンがあるので、それはそれでまた迷ってる。お金の問題もあるしね。抗がん剤だと、高額なのにビミョーに高額療養費制度に引っかからないんだよね。

そんなこんな毎日ですが、少しでも稼いでおかなきゃと思い、今日も働きに出るのであった。

そうそう、
この一週間、「がんサポートキャンペーン」など、いじくりたい話題がいくつかあったのですが。ネタにするには旬を逃してしまったので、関連した話題を今度。


           『ランキングUPキャンペーン♪』→
[PR]
by sunfacesunface | 2006-03-27 19:32 | 【乳がん】

そう、
ガン細胞も、私の体の組織の一部であり、他の細胞と一緒に今日も体中を動き回っているのである。

患側の胸のガン細胞はあわよくば期待した放射線では死に切れず、最近(徐々にかも?)暴れだした。術後、胸に残ってるガン細胞が生きてるのか死んでるのかを調べようと、検診でも主治医と話してたんだけれど。その検査を実行する前に症状として現れてきたためにPET検査をしたわけで。

そしたら、やっぱり画像に胸の生きてるガン細胞が写るんですねぇ。
バッチリいっぱいブドウ糖が集まってましたよ。そして、詳しい分析結果を見ないと分かりませんが、他にポツポツ。内臓系にはひとまず無さそうかな・・?まぁ、ポツポツ。

ブドウ糖の集まりってのが微妙みたいね。
私の場合、一気に全身調べたかったしPET-CTだったからいいけど、PET検査って高い金払ってするもんかなーと思った。だって、ブドウ糖が集まってるからって、それがガン細胞とは断定できないみたいで。検査も、用途に合わせて使い分けしましょうね。

詳しい結果が出たら、また。
[PR]
by sunfacesunface | 2006-03-20 23:34 | 【乳がん】

PET検査終了して・・・


検査した人間の体から放射物質がしばらく出るとかで、小さな子供やペットには2時間ほど近づかないでくださいと言われました。

他の方のPET体験談では、病院に入ってから検査前に多めの水を出されて飲むように指示されたとあったので、いつ出てくるかと待っていたが一向に出てこず、水・水・水・・・と水に飢える私。
そんなんで、病院出た後に真っ先に近くのコンビニに駆け込んだのですが、なんと、子供が寄ってくるではありませんか~。ダメだって、被爆するって。と思う私の気持ちなど知るよしもなく、子供達ははしゃぎ回るのでした・・・。知らねぇーぞ、まったく。

                                  つづく  →
[PR]
by sunfacesunface | 2006-03-19 21:17 | 【乳がん】

PET検査のご報告


行ってきましたよ~、PET検査。
やはり、寝坊しないかと気がかりで、何度も目が覚めました。寝不足と検査のための空腹とちょっと二日酔いで、行きの電車に酔ってしまいました。ゲロゲロ。

PET検査、聞いたところによると、高齢者はあまりいなくて、30代40代50代が多いとのこと。高齢者は、「してもねぇ~。」と今更的なとこがあるのか検査費用も高いしねー・・・と看護師談。

そして検査は、
最初に検査着に着替えて、体重・血圧・血糖値を測ります。ガン細胞は正常細胞に比べ、3~8倍のブドウ糖を消費する性質があるため、ブドウ糖に似た検査薬(FDG)を体内に注射し、その集まり具合を画像化するのがPET検査なのです。なので、初めから血糖が高いと正しく検査できないんですね。ここで、昨夜のお酒は大丈夫かな・・・と気がかり。数値は「96」。100を超えるとダメらしい。良かった。
それから、問診。ちょこっと確認する程度。

さて、地下の検査室へ。
初めに検査薬を静脈注射します。注射されながら、監視モニターを発見。めっちゃいろんな所に監視カメラついとるやんけー。そして、休憩室に移動して50分程度休みます。この時、目が疲れるので本も読んじゃいけません。寝ていいですよと言われたけど、監視されてると思うとオチオチよだれも垂らせません。時間になったら呼ばれ、トイレへ行きます。

そして撮影。
台に横になり、腕はバンザイします。じっとしたまま、20分程度。
特に変わったことはないですが、検査薬が体をまわっているのか、体内がひんやりと冷たい感じがしました。

また、休憩。30~40分程度。今度はテレビを見てOK。
この間に、ちゃんと撮れているかチェックし、取り直しや詳しく調べたい時はもう一度。私の場合、撮影が終って台から降りる前に「30分休んだらもう一度撮りますので。」と言われてしまいました。ハイハイ。

休んだら、もう一度撮って、今度は休むこと無く、着替えをして終りました。
お会計、¥26.880-なり。
3万円ちょっとと言われてたので、なんだか安く済んだ気分。ホントは高いのにね。


                                        つづく


                       こっちにも、寄ってって~♪ →
[PR]
by sunfacesunface | 2006-03-18 22:08 | 【乳がん】

検査費用・・・


明日、PET-CT検査をします。
思いのほか検査受付時間が早く、寝坊しないかとちょっと心配。

というのも、
「当日のキャンセルは費用を頂く場合があるから、ちょっと具合が悪いとか風邪でも来た方がいいよ。」と説明を受けたのです。検査予約をした患者さんのために薬剤などを準備してるのがパーになっちゃうからだって。

3万円、パーにしたくないなぁー。
もう一度予約入れ直して検査したら、さらに3万円。計6万円・・・。
いやいや、寝坊なんてしちゃいかん。
そう思えば思うほど、今夜は眠りにつけそうもない気がする・・・。
[PR]
by sunfacesunface | 2006-03-16 17:18 | 【乳がん】

PET検査、受けます


今まで、主治医に「検査して何か変化があったからといって、何も治療しないでしょ?だったら検査しても意味ないよー。」と言われてましたが、体の痛さが半端じゃないのと局所的にもおかしいので、骨も胸部の内臓系も調べたくて、PET-CT検査をすることにしました。近々。

PET検査なんて、がん患者意外は金に余裕のあるご高齢者が「自分は大丈夫よ。」と思いながらするイメージが強いのですが。「PET検査ツアー」なんてあるくらいだし。ちなみに、保険が利いて3万円ちょっと(3割負担)だそうです。健康診断目的だと自由診療になるので、10割負担どころではなく15万円にも20万円にもなります。
これで当日本当に高齢者ばかりだったら、比較的若めの女性がPET検査場にいたら明らかにがん患者だって分かりますわなぁー、こりゃ。
検査しましたら、またご報告いたします。

今日は、ここ一週間の中でも体の痛みは軽い方でした。
日中、粉雪が舞ってましたね。春が訪れようとしてるこの時期の、冬の最後の抵抗でしょうか…。
[PR]
by sunfacesunface | 2006-03-13 21:32 | 【乳がん】