乳がんになった私の毎日。とくに気負わず、楽しく笑って生きている。             だって、人はいつか必ず死ぬんだも~ん。


by sunfacesunface

<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ホルモン療法と生理


先日、無事に(?)また生理がきました。ホントは止まった方がいいんだけどね。
周期も今まで通りで。
けど、やっぱりタモキシフェンの影響を受けてるみたいで、枯れ気味でした。血交じり(多め)のおりものって感じで。リュープリンなどの生理を止める注射をしなくても影響あるもんだなぁ~と薬の強さをヒシヒシと感じました。

タモを飲み始めて、排卵日あたりから生理までは異常なくらいに下腹部がパンパンだったけれど、生理後は普通に戻ったので良かった。薬の副作用なのかな・・。また排卵日に向けて、下腹部が膨れてきている感じがする。


             『ランキングUPキャンペーン♪』→
                   ↑       ↑
           なんだか、やたら乳がん患者がランキングにいるなぁー。
                まぁ、ガンもネタになる世の中だからね。
[PR]
by sunfacesunface | 2006-04-26 22:26 | 【ホルモン治療】

ホルモン治療を始め、タモキシフェン(タスオミン)を飲むようになり一ヶ月以上経ってますが、まぁ、症状はボチボチといった感じで。可もなく不可もなく。悪くなってる感じもなくかと言って良くなってる感じもなく。

副作用は、飲み始めの頃に比べて慣れてきたのか、凄くツライという事もなく、朝の満員電車ももの凄く苦しくなったりはしないです。初めの頃は、薬が効いてくる頃と出勤で電車に乗る時間とが一緒でまいってましたが、今は対処の仕方も慣れてきた感じで。

体調的には、相変わらず体のグッタリ感がすごくて、今まで通りに動く体力・気力はありません。早く家へ帰って休もうという気になってしまいます。仕事の日も休みの日も。でも、全然見た目にはそんな感じじゃないんですよね。仕事先の方たちにはガンだと言ってないので、けっこうしんどいけど普通にしてなきゃいけない自分とのギャップがまたしんどいかも。
[PR]
by sunfacesunface | 2006-04-21 21:31 | 【ホルモン治療】

金スマ 『絵門ゆう子』


今週の『金スマ』は、絵門ゆう子特集で。

私は、がん告知を受けてから、乳がんに関するいろいろな本を読んだが、その中に絵門ゆう子の「がんと一緒にゆっくりと」もある。

2004年8月はまだ、今ほど、がん患者といえども変わりなく生活を送っている乳がん患者のブログも充実してなくて、ホームページも限られていた。がん告知を受けた私の意識は、まだ健全側にあり、がん=不健康なイメージがたっぷりあった。当時のがんの体験談も、いかにもがん患者的なものが多かった。けど、がんを知るにつれて、全然普通に生活できることが分かった。

そんな私の意識を後押ししてくれたのが、絵門ゆう子の本だったかもしれない。あと、絵門と一緒にするな!!と言われそうだけど、最凶さんのHPも。別の意味でね。

「がんとの共存」というのは、絵門ゆう子の本を読んでそうだなーと思ったし。
彼女の言動は賛否両論あるけれど、乳がん患者として世の中の影響はそこそこ大きかったと思う。何しろ、ひどい全身転移をしてるにも関わらず、それでも元気に活動し、がんに対するイメージを少しは払拭させた気がする。こだわって笑顔も保ってたし。

まぁ、「がんと一緒にゆっくりと」の本を読んで、アナウンサーだったのにこの文章力って・・・と、ビックリはしましたが。
朝日新聞の連載を毎週欠かさず拝見してましたが、やはり、やばそうな感じは文章に出るみたいで、そろそろかも・・と感じ取れました。文章力と言うよりも、連載が滞りぎみだったから・・・。

とにかく、
最初は、民間療法にすがってたかもしれないけど、この5年間、治療や乳がん関連の活動、お疲れ様でした。


                 『ランキングUPキャンペーン♪』→
                    じゃぁ、絵門ゆう子にお悔やみクリックお願いします。
[PR]
by sunfacesunface | 2006-04-14 22:31 | 【乳がん】

そうそう、益子直美が
「ホント、病気知らずで健康すぎるぐらいで・・・」
って、いやいや、ガン告知される前はみんなそう思ってる方多いけど。

まぁ、率直な意見だとは思いつつ、何度というその「健康なので・・」みたいなセリフを温かく見てましたが。正直、そうやって明日にでもがんって告知受けたりするんだよ。そういう人ほど告知されてショックうけんだよね・・・と思ったりして。

隣に座ってた方は(すみません、忘れちゃった。ライターっぽい方)、反対に、何度も「僕も明日にでもガン告知受けるかもわかんないし。」とか、「こう言ってる僕もすでにガンに侵されてるかも・・・」的なこと言ってました。もしや身近にガン患者がいるんではないかと思わせるほどの、なかなかの健康体・益子とは違う目線だった。

益子の、あまりにもがん患者とはかけ離れ過ぎてる感じでどうしてていいかみたいな態度も、それはそれで面白かったけどね。
[PR]
by sunfacesunface | 2006-04-11 20:42 | 【乳がん】

NHK ともに生きる

今夜のテーマは、『働き盛りのがん』

小堺さんは、
『がん』という言葉の響きが重い。『がん』と言うだけで、周りは凄いもののように見る。
と、何度もがんに対する社会の見方をどうにかしたいと言っていた。

私もそう思う。
がんなんて、世の中のさまざまな病気の一部。死なんて皆に訪れるんだから、がん=死とビビんないで。根本的に、日本は健康体以外の人(障害者・子供・老人・)など、福祉に冷たいんだよなぁと思う。

洞口依子さんは、入院した際、卵巣・子宮をとるっていうのに、出産の方と同じ病棟で、子供を産めない自分と生命の誕生が同じ所に居る複雑さを語っていた。

私もそう思う。配慮はほしい。
けど、やたらと、がん告知後は新しい自分が・・・と言っていてウザイ。まぁ、そう区切りをつけて生きるのもいいが、告知前も告知後もあなたはあなたですよと思う。

今回のゲスト、結婚してるがん患者の方ばかりで、働き盛りのがんというテーマの割には、それほど金銭的に困った感じや働き盛り特有の困り具合がみられず。お一方、医療費が生活を圧迫して困った例を扱ってましたが、それだけ。
ちょっと、独身がん患者の困りようも取り上げて欲しかった。または、ドラマ『87%』のように子供を養っていかなきゃいけないのに、がんになって副作用に苦しみながら働く母とか。はたまた、長年の看病・医療費圧迫に疲れてしまい、がん患者の人工呼吸器外して介護・医療費地獄から逃れましたみたいな家族とか。なんて。

あと、新聞記者をやってるという上野さん。
奥さんが、「夫が先に亡くなったらどうしようと思うのは、自分はどうしたらいいの?思う家族のエゴ」と言っていたが、がん告知を受けた夫が自分より先に亡くなると決め付けるのはあなたのエゴですよー。夫ががん告知されても自分が先に死ぬ可能性もあると、ちっとも思っていない感じだった。


まぁ、NHKの『がんサポートキャンペーン』の番組は終わったけど、がん特集はどんどんやってほしい。その度に、酒を飲みつつユル~く見たいと思う。
[PR]
by sunfacesunface | 2006-04-08 22:59 | 【乳がん】

腰痛


やっぱ、腰痛いわ。
痛いから余計にカバーしすぎで、周りの部分も痛くなってる気がする。
どうしたもんだかなぁ。


                 『ランキングUPキャンペーン♪』→
                    大してUPもしてないので、ご協力お願いします。
[PR]
by sunfacesunface | 2006-04-05 23:07 | 【体調】

抗ホルモン剤飲んでます


抗がん剤をする決断をすぐには出来ず、とりあえずって言っちゃ何だけど、抗エストロゲン剤・タモキシフェンを毎朝飲んでます。

先生は、
「そうしてる間に余計広まっちゃったら困るから・・・」
と言って、抗がん剤をプッシュしてきましたが。しょうがないなぁ・・といった感じでOKしてもらいました。
「ホルモンやるなら、生理を止める注射もしないと。」
とも言われましたが、処方された日には行わず。飲み始めの5日後くらいに生理予定だったので、フツーにきましたけど。

なかなか具合が悪くなりますね。
元々、風邪薬でも悪心がしてしまう私なもんで。下腹部の膨満感はあるし、そのおかげで食欲減だし、吐き気もするし、くらくらするし。タメ息は出るし・・・!?
[PR]
by sunfacesunface | 2006-04-04 21:57 | 【ホルモン治療】

治療選択、悩み中


とにかくハゲるのは避けたいので、主治医から提案された抗がん剤の副作用を調べている。
主治医に聞くと、
「脱毛は無い。」
「本当?」
「うん、ない。」
「全く?」
「ない。」
「薄くはなったりしない?」
「ん!? するかも・・・。」

こればかりは体験者の話じゃないと・・・と、患者さんのブログなどを見ているのだが。
ナベルビン、ゼローダ、TS-1など。
医療費もどれぐらいかかるのかレストランのメニューのように一覧表で提示して欲しいぐらい。薬価検索で調べても、10mgで○○円って出てるけど実際どのくらい量を使うのか分かんなくて。一ヶ月に3,4万円かかるのが数ヶ月つづくなら、スパッと手術してしまえば高額療養費で戻ってくるし・・・とか考えちゃう。
つっーか、経口抗がん剤ってどうなの!?って思いあり。皮膚の浸潤ぐあいが治まったとかの声があるけど。「仕事を今まで通りつづけられるし、とりあえず経口抗がん剤にしよう」と主治医は言うけれどね。


                『ランキングUPキャンペーン♪』→
[PR]
by sunfacesunface | 2006-04-02 20:47 | 【乳がん】


家から近くの桜。
ちょっとした桜並木になっているけど、やはり散り始めてて葉が目立っていた。

d0068229_2226198.jpg

[PR]
by sunfacesunface | 2006-04-01 22:26 | 【生活】