乳がんになった私の毎日。とくに気負わず、楽しく笑って生きている。             だって、人はいつか必ず死ぬんだも~ん。


by sunfacesunface

<   2008年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

エンディングノート


『エンディングノート』、耳にしたことがある方もいると思いますが、自分の生い立ちや、もしもの
時の医療・介護・葬儀の希望、家族へのメッセージなどを書き残すことを目的としたノートのことです。 お葬式や介護を必要とする時は、既に本人は希望を言えない状態にあり、いくら「こんなふうに、介護して欲しい」「こんなお葬式にしたいな」と思っていたとしても、家族に希望が伝わらないと困るので、こうやって書き記しておくのです。

どんどん体力が落ちて、出来ないことが増えていくのを日々実感してはいたのですが、この前入院した時に、やはり死なないまでもこうやってちょっとした動作も出来なくなるから、本気で身辺整理しておかないとなぁーと思ったのです。

その時、ちょうどテレビで『エンディングノート』というのが出てて、初耳で、ただノートに書き連ねるよりもまとめやすいかなぁと思いました。
退院して2ヶ月近く経ちますが、なんだかんだ何もしてません。そんなもんですねぇ(笑)。


参考に・・・ →『エンディングノート』
あと、『エンディングノート』で検索すると葬儀屋さんが作ってるエンディングノートがたくさんあります。

←ランキング♪
[PR]
by sunfacesunface | 2008-01-28 23:27 | 【乳がん】

手紙


Excite エキサイト : 社会ニュース 
 『15年前の手紙が・・・』

このニュースをテレビで見て、ある手紙にまつわる思い出が・・・。


つくば万博'85の企画、『ポストカプセル』をご存知でしょうか?
『21世紀のあなたにお届けする夢の郵便』で、16年後の自分や誰かに手紙を送り、2001年1月1日に配達されるという、未来の21世紀に夢と希望がいっぱいだったあの頃の素晴らしい企画です。

当時、私は小学生で、担任の先生がこの企画を知らせてくれてクラスのみんなで出しましょうと書きました。ずーっと覚えていて、送った相手の苗字が変わったから届かないなーと思っていたのですが、2001年になり届いたとの連絡があって恥ずかしさやうれしさでいっぱいでした。コピーして送ってもらい見てみると、汚い字でしたが16年前の自分がそこにはいました。

この企画、本当に夢の郵便でした。
あちらこちらでしばらく話題になりましたが、やはり、死んだ人からの手紙でしょうね。いろんな人の思いが手紙に込められていて、そりゃあ、もう、涙、涙ですよ。自分が死ぬとは思ってもいない人から、自分がガンだと知ってて16年後は生きていないと思い家族に宛てて書いた人まで。2001年1月1日は、全国各地でいろんな人がいろんな思いに包まれた日でした。

ガンになった今、またこんな企画があったら是非書きたいなぁ。
まぁ、ガン患者は普通の人より死を意識してるから、なにかしら残された人たちに向けてメッセージを残すと思いますが。


おもしろいの見つけました♪
未来から手紙が届きます。
『~天国からのメッセージ~』


←ランキング♪
[PR]
by sunfacesunface | 2008-01-26 14:48 | 【生活】

ゾメタ 4回目


ゾメタ投与も4回目。
骨の効果の実感がないのがなんとも・・・。
増やしたオキシコンチンの量は、減量出来そうなのかなー。

ここ一週間ほど、体調悪くって死んでました。
嘔吐したりで食事もあまり受けつけず。どこがどうっていうんじゃない不調って、末期がん患者っぽいよね。

あと、最初の骨転移箇所の肩甲骨がまた痛みだして。昨年4月、7月と3ヶ月おきに激痛きてたので、次は10月にくるかどうかによって骨の様子がうかがえると思っていたのですが、10月は別の場所が激痛で、肩甲骨が痛くなってたのかもしれないけどそれどころじゃなかったので。で、今回1月。
肩甲骨の激痛は、腰や骨盤に比べたら生活に支障はないんだけどやっぱり骨転移の痛みはスゴイよね。オキシコンチンで痛みを抑えてるのにもかかわらず、痛み出したのが分かるんだもん。薬使ってないと、どんだけ痛いんだろう・・・・今。恐ろしいよ。
[PR]
by sunfacesunface | 2008-01-22 22:39 | 【乳がん】

おもしろい本を発見しました♪
『身近に亡くなりそうな人がいたら読む本』なんて、不謹慎すぎて笑えます。
もっと他に題名あるでしょって感じですが、役に立つみたいなんでよろしければ・・・。



             
[PR]
by sunfacesunface | 2008-01-12 20:09 | 【生活】

がん探知犬


「がん探知犬」ってご存知ですか?
テレビ見てたら出てきてビックリ。


「ガン探知犬」とは・・・、
その名の通り、ガンを見つける事ができる犬です。
それは犬の嗅覚を利用して、人間の癌を見つけるというもので、近年、世界中で研究が行われています。

人が癌になる確率はなんと「50%」もあるという統計があり、日本人の約半数が患い、3分の1が死亡する、死亡原因の第1位という状態にあるのが、癌なのです。
そんな癌の早期発見につながればと研究を始めたのが、ドッグトレーナー(犬の訓練師)の「佐藤悠ニ」さん。盲導犬や水難救助犬を育ててきた佐藤さんは、癌に臭いがあるという情報をもとに犬の嗅覚を利用し癌を発見するという研究を重ね、ついに胃・肺・膵臓など大多数(13種類)の癌を犬の嗅覚によりほぼ“100%の確率”でガン患者の呼気から発見できるようになりました。

今後は、「ガン探知センサー」を作るのが目標となっているらしい。
これは妊娠検査薬や、飲酒検問で使われるアルコール度チェック袋と同様に、成分から反応するセンサーです。ガンを持つ患者さんの息を袋に入れるだけで、ガンがあるかないかをチェックできるというもの。
そうなったらスゴイですね。

そもそも、
がん患者が特有のニオイを持っているって、考えてみれば有り得るけど思いもしなかったなー。麻薬常習者が特有のニオイがするってのは知ってて、オキシコンチンを飲み始めた時に自分の体から独特のニオイがして、あーこれなのかなーと思ったけど。

でも、
もし公表してない人たちといて、がん探知犬が近くにいて反応されたら困っちゃうよね。
がん探知犬の取り扱いには注意してほしいわ。散歩させるのは人が居ない場所で。


                                      
[PR]
by sunfacesunface | 2008-01-09 23:51 | 【乳がん】

がん細胞が・・・


オキシコンチンの副作用の眠気はちょっと落ち着いたのに、またまた最近強烈に眠くって食事なんてどうでもいいくらいで、今こうやってパソコンに向かっていても眠い・・・。
なんか、がん細胞がエネルギーを消費しているって感じ。

しんどい・・・と思っていたのがまだまだ序の口だったんだなーと思うほど、時が経つにつれてしんどさが増していて、そのしんどさが決して一時的なものではなくどんどん悪化していってる証拠だと感じはじめて2年。2年前の年末に、ガクンと体がしんどくなって、これはがん細胞が活発に動き出したなと思っていたら、やはり症状も腫瘍マーカーも変化しだしたんですよね。今のしんどさは、その頃の比ではございません。

身体は、細胞の自殺によってうまく成り立っているのだけど(アポトーシス)、がんって、そういった細胞の自殺機能が狂って増え続けるんですね。だから、じっとしててもエネルギーが消費されてしまい疲労感や倦怠感がでてしまうわけで。

ここ最近の眠たさは、こういった疲労感からきてる感じなんですよねー。
ホント、動いてないのにグッタリしちゃって。あーあ。



                                      
[PR]
by sunfacesunface | 2008-01-06 23:33 | 【体調】

みんな、ありがとう


d0068229_1194169.jpg


あけましておめでとうございます♪
新しい年が、みなさんにも私にも素晴らしい一年となりますように。
[PR]
by sunfacesunface | 2008-01-01 01:11 | 【生活】